未解決の女 あらすじ 3話

未解決の女 あらすじ 3話

肉体派・波瑠×頭脳派・鈴木京香の凸凹バディが復活!

「未解決の女 警視庁文書捜査官」8月20日(木)は、3話目の放送となります。

物語は、文字を糸口に“未解決事件”に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

未解決の女 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

参議院議員・唐木田の秘書を務める望が自宅で殺され、高校のバスケットボール部を扱った番組を途中から録画したDVDがデッキに残っていた。

朋(波瑠)は同部コーチ・片山が殺された3年前の事件が未解決だと言及。

草加(遠藤憲一)が番組を突き止め、その映像から国木田(谷原章介)は望も同校関係者と気付く。

一方、理沙(鈴木京香)は唐木田と同校のつながりを発見する。

以上が、未解決の女 あらすじ 3話の紹介でした。

「未解決の女 警視庁文書捜査官」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

波瑠さん、鈴木京香さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント