アンサング・シンデレラ あらすじ 6話

アンサング・シンデレラ あらすじ 6話

石原さとみさん 主演 木曜劇場「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」

物語は、病院薬剤師が患者のために奮闘するヒューマンドラマ。

8月20日(木)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

アンサング・シンデレラ あらすじ 6話は、下記の内容となります。

みどり(石原さとみ)はくるみ(西野七瀬)や小野塚(成田凌)らと地域住民センターで高齢者の服薬指導をする。

そこで倒れた女性・早苗が入院し、治療が行われるが、症状は改善しない。

七尾(池田鉄洋)が「耐性菌」を疑う中、瀬野(田中圭)は早苗自身を見るよう助言。

みどりは、服用薬はないと告げた早苗の言葉を考える。

一方、くるみは生理痛に悩む患者の服薬指導をするが・・・。

以上が、アンサング・シンデレラ あらすじ 6話の紹介でした。

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

石原さとみさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント