親バカ青春白書 あらすじ 6話

親バカ青春白書 あらすじ 6話

ムロツヨシと永野芽郁が父娘&同級生に!

「親バカ青春白書」9月6日(日)は、6話目の放送となります。

福田雄一監督が紡ぐ家族の愛の物語。

最新のあらすじが、公開されました。

親バカ青春白書 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

大学2年生の冬。

成人式を控えるさくら(永野芽郁)と畠山(中川大志)の交際は順調だが、いい雰囲気になるとガタロー(ムロツヨシ)の邪魔が入る。

そんな中、美咲(小野花梨)が居候を続ける小比賀家にある事情を抱えた寛子(今田美桜)が顔にあざを作って現れ、冬休みの間、泊めてほしいと頼む。

さらに、留年危機の迫る根来(戸塚純貴)や畠山も加わり、恋と友情のシェアハウス生活が始まる。

以上が、親バカ青春白書 あらすじ 6話の紹介でした。

「親バカ青春白書」の放送は、日本テレビ系にて 毎週日曜 22:30~23:25 です。

永野芽郁さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント