未解決の女 あらすじ 6話

未解決の女 あらすじ 6話

肉体派・波瑠×頭脳派・鈴木京香の凸凹バディが復活!

「未解決の女 警視庁文書捜査官」9月10日(木)は、6話目の放送となります。

物語は、文字を糸口に“未解決事件”に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

未解決の女 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

仮想通貨取引で成功した西松が殺され、朋(波瑠)は彼の入れ墨に注目。

「梵字(ぼんじ)」だと説明する理沙(鈴木京香)は5年前に殺害されたレストラン経営者・入沢にも梵字の入れ墨があったと思い出す。

そんな中、朋は参事官・小野塚から、連絡が取れなくなった一課の刑事・富野の捜索を指示された。

そして、富野の部屋の留守番電話を聞き、彼の恋人・貴子を訪ねる。

以上が、未解決の女 あらすじ 6話の紹介でした。

「未解決の女 警視庁文書捜査官」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

波瑠さん、鈴木京香さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント