おカネの切れ目が恋のはじまり あらすじ 1話

おカネの切れ目が恋のはじまり あらすじ 1話

松岡茉優&三浦春馬が初共演!

火曜ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」9月15日(火)放送スタートです。

物語は、正反対の価値観を持つ“じれキュン”ラブコメディー




最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

おカネの切れ目が恋のはじまり あらすじ 1話は、下記の内容となります。

中堅おもちゃメーカー「モンキーパス」の経理部で働く玲子(松岡茉優)は、ある過去が原因で、‘清貧’という価値観を胸に生きている。

そんな玲子が1年前から狙っていた豆皿を買って‘お迎え’しようと決意。

店に行くが、派手な若い男性(三浦春馬)に目の前でその豆皿を買われてしまう。

男性はモンキーパスの御曹司・慶太だった。

数日後、慶太の度を越した浪費ぶりに激怒した社長で父の富彦(草刈正雄)は、お金の勉強のため、慶太を経理部に異動させる。

そして、玲子は慶太の指導係を任されることになる。

以上が、おカネの切れ目が恋のはじまり あらすじ 1話の紹介でした。

火曜ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~22:57 です。

松岡茉優さん、三浦春馬さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント