刑事7人 あらすじ 8話

刑事7人 あらすじ 8話

東山紀之ら“最強の7人”が前代未聞の謎を追う!

「刑事7人」9月23日(水)は、8話目の放送となります。

物語は、ロングランシリーズ第6弾。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

刑事7人 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

天樹(東山紀之)は、2人が銃殺され現場にピエロの面が残された連続殺人事件の裁判に、検察側の証人として出廷。

被告人の元警察官・谷内田(大和田獏)、担当検事の片瀬(渡辺大)、谷内田の弁護人・本多(宮川一朗太)らを前に、白骨遺体が見つかった別の事件について話し始める。

銃弾とピエロの面、そして顔を殴られた痕という共通点から、白骨遺体は連続殺人の3人目の被害者の可能性があった。

拓海(白洲迅)と独自に再捜査を始めた天樹は、谷内田の言葉に着目。

やがて、天樹の証言で裁判は混乱を極める。

以上が、刑事7人 あらすじ 8話の紹介でした。

「刑事7人」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

東山紀之さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント