私たちはどうかしている あらすじ 7話

私たちはどうかしている あらすじ 7話

浜辺美波×横浜流星がW主演!

「私たちはどうかしている」9月23日(水)は、7話目の放送となります。

物語は、 老舗和菓子店を舞台にしたラブミステリー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

私たちはどうかしている あらすじ 7話は、下記の内容となります。

常に光月庵の和菓子が選ばれていた選定会で、他店のものが選ばれた。

今日子(観月ありさ)に詰め寄られた椿(横浜流星)は、次回は自らが作った菓子で臨むと宣言。

そんな椿の周囲に、過去の当主殺害事件を調べる記者が出没する。

記者は今日子を疑っていた。

一方、七桜(浜辺美波)は栞(岸井ゆきの)と遭遇。

動揺を隠せない七桜を、多喜川(山崎育三郎)は思わず抱きしめる。

やがて、七桜がつらい過去を思い、夢への決意を新たにする中、今日子は選定会に向けて不穏な動きを見せる。

そんな折、菓子の試作を続ける椿に異変が現れ・・・。

以上が、私たちはどうかしている あらすじ 7話の紹介でした。

「私たちはどうかしている」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

浜辺美波さん、横浜流星さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント