おカネの切れ目が恋のはじまり あらすじ 最終回

おカネの切れ目が恋のはじまり あらすじ 最終回

松岡茉優&三浦春馬が初共演!

火曜ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」10月6日(火)は、最終回の放送となります。

物語は、正反対の価値観を持つ“じれキュン”ラブコメディー




最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

おカネの切れ目が恋のはじまり あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

九鬼玲子(松岡茉優)は、猿渡慶太(三浦春馬)からの突然のキスに動揺して、眠れない夜を過ごしていた。

一方、慶太も動揺を隠しきれない。 そんな中、早乙女健(三浦翔平)が、玲子の家を訪ねてくる。

さらに、板垣純(北村匠海)も玲子の家にやってくる。

二人が玲子に伝えることとは!? そして、玲子は家であるものを発見する。

それは玲子が“清貧”になった過去にかかわるあるものだった。

翌日、玲子は、過去へのけじめをつけに旅に出る。

行先は父がいるかもしれない場所。

道中でいろいろなトラブルに見舞われる。

そして、旅の終わりで玲子は慶太へのある気持ちに気付く。

はたして二人の恋の結末はどうなるのか。

以上が、おカネの切れ目が恋のはじまり あらすじ 最終回の紹介でした。

火曜ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~22:57 です。

松岡茉優さん、三浦春馬さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント