さくらの親子丼 あらすじ 1話

さくらの親子丼 あらすじ 1話

真矢ミキが子どもシェルターのスタッフとして奮闘。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」10月17日(土)は、1話目の放送となります。

物語は、人気ヒューマンドラマ第3弾。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

さくらの親子丼 あらすじ 1話

さくら(真矢ミキ)は、弁護士の桃子(名取裕子)が新たに作った子どもシェルター「第2ハチドリの家」で働いている。

そこへ、わずか10歳で父親を訴えた希望(清水香帆)、父・利晴(東根作寿英)から教育虐待を受けている梨花(永瀬莉子)がやって来る。

桃子の法律事務所の新人弁護士・雪乃(新川優愛)は、梨花の担当を任され正義感に燃えるが、翌日、事務所に利晴が乗り込み・・・。

以上が、さくらの親子丼 あらすじ 1話の紹介でした。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

真矢ミキさんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント