35歳の少女 あらすじ 3話

35歳の少女 あらすじ 3話

柴咲コウ×遊川和彦が現代版“眠り姫”でタッグ!

「35歳の少女」10月24日(土)は、3話目の放送となります。

物語は、時を超えた成長物語を描く!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

35歳の少女 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

結人(坂口健太郎)の言葉で前向きになった望美(柴咲コウ)は彼から勉強を教わりたいと頼むが、多恵(鈴木保奈美)は許さず学習塾へ。

監視するかのような多恵の行動に進次(田中哲司)は憤る。

一方、代行業で結人を呼び出した愛美(橋本愛)は、酒に酔って相沢(細田善彦)の部屋の前で大騒ぎ。

結人に介抱される。そんな中、厳しい多恵や家族の不仲に混乱する望美は、結人の代行業に同行し・・・。

以上が、35歳の少女 あらすじ 3話の紹介でした。

「35歳の少女」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

柴咲コウさん ファンの方は、お楽しみに・・・

この記事へのコメント