さくらの親子丼 あらすじ 2話

さくらの親子丼 あらすじ 2話

真矢ミキが子どもシェルターのスタッフとして奮闘。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」10月24日(土)は、2話目の放送となります。

物語は、人気ヒューマンドラマ第3弾。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

さくらの親子丼 あらすじ 2話

雪乃(新川優愛)は自ら自宅に戻った梨花(永瀬莉子)を心配するが、無視される。

さくら(真矢ミキ)は梨花を守りたい一心で行動する雪乃に以前の自分を重ねる。

そんな中、さくらの元に以前の入居者・由夏(岡本夏美)から、悪質な風俗にスカウトされた少女・夏美(西本まりん)を救ってほしいと連絡が。

一方、第2ハチドリの家には拓真(後藤田しゅんすけ)がやって来る。

以上が、さくらの親子丼 あらすじ 2話の紹介でした。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

真矢ミキさんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント