科捜研の女 あらすじ 2話

科捜研の女 あらすじ 2話

沢口靖子主演の人気ミステリー第20弾

「科捜研の女 Season20」10月29日(木)は、2話目の放送となります。

現行連ドラ最多シリーズ記録更新!

凄いですよね・・・

今シリーズどんな展開を迎えるのか・・・

今回は、科捜研の女 あらすじ 2話を紹介します。

ハロウィーンの電飾が付いた棺から悪魔の格好の遺体が発見され、マリコ(沢口靖子)らが鑑定に当たる。

死因は感電で防犯カメラには棺を運ぶ人物が映っていた。

遺体のポケットには特技を売買する‘スキルマーケット’登録者の名刺が。

そこから、被害者が服飾会社の営業部長・田部井(清水昭博)で、棺を運んだのが名刺の主である元部下・迫田(村田雄浩)と分かるが・・・。

以上が、科捜研の女 あらすじ 2話 の紹介でした。

「科捜研の女 Season20」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント