さくらの親子丼 あらすじ 3話

さくらの親子丼 あらすじ 3話

真矢ミキが子どもシェルターのスタッフとして奮闘。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」10月31日(土)は、3話目の放送となります。

物語は、人気ヒューマンドラマ第3弾。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

さくらの親子丼 あらすじ 3話

入居者の隼人(遠藤健慎)は多喜(山崎静代)に付き添われ、少年院を出た者でも住み込みで働かせてくれる工場の面接に行く。

一方、梨花(永瀬莉子)を自宅の前で待っていた雪乃(新川優愛)は、彼女の腕の包帯を見て、利晴(東根作寿英)からの虐待だと憤る。

動き出したさくら(真矢ミキ)は、梨花と両親との思い出をひもとき、彼女の母で経済学教授の靖子(長谷川真弓)を訪ねる。

以上が、さくらの親子丼 あらすじ 3話の紹介でした。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

真矢ミキさんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント