さくらの親子丼 あらすじ 4話

さくらの親子丼 あらすじ 4話

真矢ミキが子どもシェルターのスタッフとして奮闘。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」11月7日(土)は、4話目の放送となります。

物語は、人気ヒューマンドラマ第3弾。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

さくらの親子丼 あらすじ 4話

さくら(真矢ミキ)は入居者の真由子(井本彩花)から、高校生の大樹(細田佳央太)に借りたリストバンドを直接返したいと相談される。

真由子の恋心を察したさくらは彼女に同行し、大樹の父・岡林(鶴見辰吾)と遭遇する。

後日、大樹の家に遊びに行くことになった真由子。

だが、無断外出は禁止のため、再びさくらに相談する。

一方、さくらは岡林からある依頼を受ける。

以上が、さくらの親子丼 あらすじ 4話の紹介でした。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

真矢ミキさんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント