記憶捜査2 あらすじ 4話

記憶捜査2 あらすじ 4話

北大路欣也さん 主演のサスペンスドラマのシーズン2

金曜8時のドラマ「記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~」

11月13日(金)は、4話目の放送となります。

物語は、車いすの元刑事が難事件を解決

最新のあらすじが、公開されました。

記憶捜査2 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

スマートシティー化計画の捜査中に毒殺された警視庁サイバー犯罪対策課の警部補・佐山(マギー)に続き、同じ毒物で上司・北村(田中美奈子)も殺された。

その後、同計画の参加企業のパソコンが次々とウイルスに侵される。

署長の東(平岡祐太)が不審な動きを見せる中、鬼塚(北大路欣也)は新宿中の防犯カメラ映像を調べ、新宿ならではの‘動くランドマーク’に気付く。

以上が、記憶捜査2 あらすじ 4話の紹介でした。

金曜8時のドラマ「記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~」の放送は、
テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

北大路欣也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント