さくらの親子丼 あらすじ 5話

さくらの親子丼 あらすじ 5話

真矢ミキが子どもシェルターのスタッフとして奮闘。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」11月14日(土)は、5話目の放送となります。

物語は、人気ヒューマンドラマ第3弾。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

さくらの親子丼 あらすじ 5話

岡林(鶴見辰吾)から更生保護施設の建設反対運動に誘われたさくら(真矢)は、第2ハチドリの家を存続させるため、地域住民と対立しないほうがいいと考える。

過去のトラウマに苦しむ真由子(井本彩花)は、大樹(細田佳央太)への思いを断ち切ろうとする。

そんな中、大樹が真由子の番号だと思い、夏美(西本まりん)に電話をかけてくる。夏美は真由子のふりをして・・・。

以上が、さくらの親子丼 あらすじ 5話の紹介でした。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

真矢ミキさんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント