記憶捜査2 あらすじ 6話

記憶捜査2 あらすじ 6話

北大路欣也さん 主演のサスペンスドラマのシーズン2

金曜8時のドラマ「記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~」

11月27日(金)は、6話目の放送となります。



物語は、車いすの元刑事が難事件を解決

最新のあらすじが、公開されました。

記憶捜査2 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

神奈川の山中で乗員乗客13人中11人が死亡するバス事故が発生。

鬼塚(北大路欣也)は運転手の志田(佐戸井けん太)が11年前、東京・新宿東署管内でも事故を起こしていたことを思い出す。

志田が働く観光会社は管内にあり、かつて運転手に過重労働を強要。

今回も無理をさせて起きた事故かと思われた。

だが、鬼塚はドライブレコーダーの映像に違和感を覚える。

以上が、記憶捜査2 あらすじ 6話の紹介でした。

金曜8時のドラマ「記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~」の放送は、
テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

北大路欣也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント