さくらの親子丼 あらすじ 7話

さくらの親子丼 あらすじ 7話

真矢ミキが子どもシェルターのスタッフとして奮闘。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」11月28日(土)は、7話目の放送となります。



物語は、人気ヒューマンドラマ第3弾。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

さくらの親子丼 あらすじ 7話

真由子(井本彩花)は自分の過去を大樹(細田佳央太)に告白し、彼への思いを断ち切ろうとしていた。

さくら(真矢ミキ)はそんな真由子に白血病の検査を促すが、彼女は取り合わない。

一方、雪乃(新川優愛)と桃子(名取裕子)は希望(清水香帆)の裁判に向け奔走するが、希望の担任教師に裁判での証言を拒まれる。

それには希望の父・真二朗(佐伯新)の立場が関係しているようで・・・。

以上が、さくらの親子丼 あらすじ 7話の紹介でした。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

真矢ミキさんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント