記憶捜査2 あらすじ 最終回

記憶捜査2 あらすじ 最終回

北大路欣也さん 主演のサスペンスドラマのシーズン2

金曜8時のドラマ「記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~」

12月4日(金)は、最終回の放送となります。



物語は、車いすの元刑事が難事件を解決

最新のあらすじが、公開されました。

記憶捜査2 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

鬼塚(北大路欣也)は、バス事故を起こした運転手・志田(佐戸井けん太)が勤務する観光会社の‘ブラックだった頃’に着目。

現社長の水之江(宮川一朗太)が運行管理長だった当時は、従業員に無理な勤務をさせ、違反をするとすぐに解雇していたと聞いて、ある推理をする。

啓太郎(風間俊介)や咲(上白石萌音)らは、解雇された元従業員達を洗い出し、当時のことを聞きに行く。

以上が、記憶捜査2 あらすじ 最終回の紹介でした。

金曜8時のドラマ「記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~」の放送は、
テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

北大路欣也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント