さくらの親子丼 あらすじ 8話

さくらの親子丼 あらすじ 8話

真矢ミキが子どもシェルターのスタッフとして奮闘。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」12月5日(土)は、8話目の放送となります。



物語は、人気ヒューマンドラマ第3弾。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

さくらの親子丼 あらすじ 8話

第2ハチドリの家に一時入居した大樹(細田佳央太)は入居者になじんでいく。

だが、岡林(鶴見辰吾)はさくら(真矢ミキ)に、ハチドリの家が受験生の大樹を惑わせていると非難する。

希望(清水香帆)は次の裁判で本人尋問を控えていた。

次期市長選に出馬する父・真二朗(佐伯新)は虐待を認めず、虐待を知る母の香織(西原亜希)にも会えず、雪乃(新川優愛)らは窮地に立たされる。

以上が、さくらの親子丼 あらすじ 8話の紹介でした。

オトナの土ドラ「さくらの親子丼」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

真矢ミキさんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント