ルパンの娘 あらすじ 最終回

ルパンの娘 あらすじ 最終回

深田恭子主演のラブコメディー待望の続編!

「ルパンの娘」12月10日(木)は、最終回の放送となります。

レギュラメンバー・スタッフが再集結!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ルパンの娘 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。



美雲(橋本環奈)が尊(渡部篤郎)のひそかな狙いを知る一方、華(深田恭子)の幼なじみで世界的泥棒の円城寺(大貫勇輔)が歌えなくなる異常事態が。

円城寺は訪ねてきた父・豪(市村正親)の手前、華に婚約者のふりをしてほしいと懇願する。

やがて事態は、お宝と華を巡る尊らと円城寺一族の泥棒合戦に。

そんな中、和馬(瀬戸康史)と過ごす華を見守ってきた円城寺の胸にある思いが去来する。

以上が、ルパンの娘 あらすじ 最終回の紹介でした。

「ルパンの娘」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

深田恭子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント