きみが心に棲みついた あらすじ 2話

きみが心に棲みついた あらすじ 2話

吉岡里帆が連ドラ初主演!

「きみが心に棲みついた」1月23日(火)は、2話目の放送となります。

物語は、天童きりんの人気漫画を実写化した三角関係ラブストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

きみが心に棲みついた あらすじ 2話は、下記の通りです。

今日子(吉岡里帆)は星名(向井理)に呼び出され、新ブランドの立ち上げメンバーに抜てきされる。

もう一人のメンバー・八木(鈴木紗理奈)はメンズインナーのトップデザイナー。

八木は実績のない今日子を信用しておらず、企画書を出すよう命じる。

翌日、吉崎(桐谷健太)が担当作家・スズキ(ムロツヨシ)を連れ、取材で今日子の会社を訪れる。

喜ぶ今日子は、取材後の吉崎を食事に誘う。

星名はその様子を冷ややかに見つめていた。

以上が、きみが心に棲みついた あらすじ 2話の紹介でした。

「きみが心に棲みついた」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~22:54 です。

吉岡里帆さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"きみが心に棲みついた あらすじ 2話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: