アンナチュラル あらすじ 3話

アンナチュラル あらすじ 3話

石原さとみさん 主演の「アンナチュラル」1月26日(金)は、3話目の放送となります。

物語は「逃げ恥」の野木亜紀子とタッグでおくる1話完結の法医学ミステリー

最新のあらすじが、公開されました。

アンナチュラル あらすじ 3話は、下記の内容となります。

ミコト(石原さとみ)は所長・神倉(松重豊)の依頼で、有名主婦ブロガー殺人事件の検察側の代理証人として出廷。

同事件では夫・要一(温水洋一)が容疑者として逮捕されていた。

裁判の担当検事・烏田(吹越満)は、流れはほぼ決まっているので要望通りに証言すればいいとミコトに告げる。

だが、遺体の刺し傷の再現画像を見たミコトは、凶器は別にあると証言し、烏田と対立。今度は弁護側の証人として裁判に参加することになる。

以上が、アンナチュラルのあらすじ 3話の紹介でした。

アンナチュラルの放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

松重豊さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"アンナチュラル あらすじ 3話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: