相棒 あらすじ 15話

相棒 あらすじ 15話

水谷豊と反町隆史が挑む運命の3年目!

「相棒 season16」2月7日(水)は、15話目の放送となります。

物語は、調和か対立か・・・相棒関係の新たな幕が開く!!

最新のあらすじが、公開されました。

相棒 あらすじ 15話は、下記の内容となります。

強盗犯が逃走中に転落死。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は奪われた金の行方を捜す。

同じ頃、強盗犯の隠し金を見つけたホームレスの雅夫(勝矢)は、その金でアパートに入居。

部屋の天井裏でノートを見つける。

この部屋で死んだ前住人・矢部(勝部演之)の手記だった。

命を狙われていると気付いた矢部は、自分を殺した犯人を見つけた者には財団から多額の謝礼を払うと書き残していた。

調べると、矢部は資産家で財団も実在した。

以上が、相棒 あらすじ 15話の紹介でした。

「相棒 season16」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"相棒 あらすじ 15話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: