相棒 あらすじ 18話

相棒 あらすじ 18話

水谷豊と反町隆史が挑む運命の3年目!

「相棒 season16」2月28日(水)は、18話目の放送となります。

物語は、調和か対立か・・・相棒関係の新たな幕が開く!!

最新のあらすじが、公開されました。

相棒 あらすじ 18話は、下記の内容となります。

大量の偽造カードを使った現金一斉引き出し事件の捜査中、捕まった‘出し子’の元勤務先の社長・濱口(伊原農)が殺された。

右京(水谷豊)は、現場で物陰に隠れていた中国人従業員・シャオリー(森迫永依)を見つける。

言葉が通じないシャオリーにジェスチャーで問い掛けると、犯人を見たという反応を示す。

ところが、通訳捜査官・西村(矢野浩二)の通訳により改めて聴取すると、シャオリーは何も見ていないと言い出す。

以上が、相棒 あらすじ 18話の紹介でした。

「相棒 season16」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"相棒 あらすじ 18話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: