隣の家族は青く見える あらすじ 8話

隣の家族は青く見える あらすじ 8話

深田恭子と松山ケンイチが、妊活夫婦を演じる。

「隣の家族は青く見える」3月8日(木)は、8話目の放送となります。

物語は、多様なカップルの生き方を描く!!

最新のあらすじが、公開されました。

隣の家族は青く見える あらすじ 8話は、下記の内容となります。

体外授精に向けて倉持(寿大聡)と仕事のスケジュール調整をしていた奈々(深田恭子)は、女性スタッフが迷惑だと話すのを耳にする。

不妊治療経験者の倉持は彼女らに注意するが、奈々はやるせない。

一方、大器(松山ケンイチ)は家族向けアウトレットモールの仕事に迷いを感じ、朔(北村匠海)は渉(眞島秀和)とふみ(田島令子)の断絶を心配する。

そんな中、ちひろ(高橋メアリージュン)は亮太(和田庵)と料理をし、初めて心を通わせる。

以上が、隣の家族は青く見える あらすじ 8話の紹介でした。

「隣の家族は青く見える」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

深田恭子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"隣の家族は青く見える あらすじ 8話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: