アンナチュラル あらすじ 最終回

アンナチュラル あらすじ 最終回

石原さとみさん 主演の「アンナチュラル」3月16日(金)は、最終回の放送となります。

物語は「逃げ恥」の野木亜紀子とタッグでおくる1話完結の法医学ミステリー

最新のあらすじが、公開されました。

アンナチュラル あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

連続殺人事件の容疑者の男が警察に出頭する。

男は複数の遺体を処分した事を自供するが、殺人は否認。

このままでは死体損壊と死体遺棄だけで処理される可能性が高く、警察は焦る。

一方、宍戸(北村有起哉)がメディアで容疑者と事件について持論を展開。

宍戸による容疑者のインタビュー本も売れ、一躍時の人となっていた。

そんな中、ミコト(石原さとみ)は検事・烏田(吹越満)から容疑者を追い詰めるため取引を持ち掛けられる。

警察の圧力に加え中堂(井浦新)まで取引に賛成する中、ミコトは・・・。

以上が、アンナチュラルのあらすじ 最終回の紹介でした。

アンナチュラルの放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

石原さとみさん ファンの方は、お見逃しなく!!

"アンナチュラル あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: