海月姫 あらすじ 最終回

海月姫 あらすじ 最終回

芳根京子が月9初主演でオタク女子に!

「海月姫」3月19日(月)は、最終回の放送となります。

物語は、ギャグ満載の新感覚シンデレラ・コメディー!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

海月姫 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

月海(芳根京子)は天水館を出た‘尼~ず’一同と漫画喫茶で暮らし始める。

そんな中、慶一郎(北大路欣也)が反対派に回り、再開発は見直されることに。

ぼうぜん自失の稲荷(泉里香)と鯉淵家を訪れた佐々木(安井順平)は、息子たちのためではと嫌みを言うが、慶一郎ははぐらかす。

一方、カイ(賀来賢人)から月海の才能を捨てさせるのかと言われた蔵之介(瀬戸康史)は、一からファッションの勉強をするためブランドを解散すると宣言。

そこで最後のショーをやることになり、一同は再び天水館で服作りに挑む。

以上が、海月姫 あらすじ 最終回の紹介でした。

「海月姫」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

芳根京子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"海月姫 あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: