隣の家族は青く見える あらすじ 最終回

隣の家族は青く見える あらすじ 最終回

深田恭子と松山ケンイチが、妊活夫婦を演じる。

「隣の家族は青く見える」3月22日(木)は、最終回の放送となります。

物語は、多様なカップルの生き方を描く!!

最新のあらすじが、公開されました。

隣の家族は青く見える あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

奈々(深田恭子)から別れてほしいと言われた大器(松山ケンイチ)は荒れ、ぼろ雑巾のようになっていた。

朔(北村匠海)は高卒認定試験に無事合格。渉(眞島秀和)はそんな朔にあるものを手渡す。

そして亮司(平山浩行)とちひろ(高橋メアリージュン)は、亮太(和田庵)の改姓を機に関係を見つめ直す。

一方、深雪(真飛聖)は娘・優香(安藤美優)の夢を応援し始めていた。

それを感じ取った真一郎(野間口徹)は、改めて家族のことを考える。

以上が、隣の家族は青く見える あらすじ 最終回の紹介でした。

「隣の家族は青く見える」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

深田恭子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"隣の家族は青く見える あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: