特捜9 あらすじ 3話

特捜9 あらすじ 3話

井ノ原快彦さん 主演 ドラマ 「特捜9」4月25日(水)は、3話目の放送となります。

「9係」から「特捜9」へ! さらなる魅力を加えて“新時代”を築く

最新のあらすじが、公開されました。

特捜9 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

建築家・亜紀子(冨樫真)の刺殺体が自宅兼仕事場で見つかった。

現場では、亜紀子が参加予定だった保育園の設計コンペ用の模型が壊されていた。

コンペ相手が亜紀子の師匠の著名建築家・大屋(下條アトム)と聞いた新藤(山田裕貴)は、直樹(井ノ原快彦)の許可も得ず、一人で勝手に大屋に会いに行く。

直樹らは、靴跡が一致した大屋を住居侵入容疑で連行する。

そんな中、新藤は独断で大屋の妻・千鶴(洞口依子)を尾行する。

以上が、特捜9 あらすじ 3話の紹介でした。

「特捜9」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

井ノ原快彦さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"特捜9 あらすじ 3話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: