未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 2話

未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 2話

波瑠さんと鈴木京香さんが初タッグ!

「未解決の女 警視庁文書捜査官」4月26日(木)は、2話目の放送となります。

物語は、最強刑事が未解決事件の捜査に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 2話は、下記の内容となります。

IT企業社長・雅也(戸次重幸)の15歳の娘・遥花(畑芽育)が誘拐された。

捜査本部に招集された朋(波瑠)は雅也の秘書を装い、身代金1億円の受け渡しに向かうが、正体を見破られてしまう。

犯人が最初の電話で遥花の声を聞かせた際、遥花は「かもめ」と口にした。

実は、12年前の未解決誘拐事件で、主婦・菜々美(高岡早紀)の3歳の娘も「かもめ」と言い残しており、朋はその捜査に理沙(鈴木京香)が加わっていたと知る。

以上が、未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 2話の紹介でした。

「未解決の女 警視庁文書捜査官」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!

"未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 2話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: