警視庁・捜査一課長 あらすじ 4話

警視庁・捜査一課長 あらすじ 4話

内藤剛志さん 主演 「警視庁・捜査一課長」5月3日(木)は、4話目の放送となります。

最強刑事のもとに、安達祐実さんら新戦力が加入してパワーアップ!

最新のあらすじが、公開されました。

警視庁・捜査一課長 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

郊外の雑木林でリクライニングチェアに座った遺体が見つかる。

遺体を運ぶために利用したようで、キャスター付きのそのチェアには廃棄物処理シールを剥がした形跡が。

大岩(内藤剛志)は粗大ごみを回収した地区を調べるよう指示する。

やがて被害者が都心に住む菅原(吉田ウーロン太)と判明。

菅原はインターネットで話題のインストラクター・里美(吉木りさ)目当てで、わざわざ郊外のスポーツジムに通っていたらしい。

以上が、警視庁・捜査一課長 あらすじ 4話の紹介でした。

「警視庁・捜査一課長」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

内藤剛志さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"警視庁・捜査一課長 あらすじ 4話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: