警視庁・捜査一課長 あらすじ 5話

警視庁・捜査一課長 あらすじ 5話

内藤剛志さん 主演 「警視庁・捜査一課長」5月10日(木)は、5話目の放送となります。

最強刑事のもとに、安達祐実さんら新戦力が加入してパワーアップ!

最新のあらすじが、公開されました。

警視庁・捜査一課長 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

下町の空き地で自治会長の村越(春海四方)の他殺体が見つかる。

被害者はベビーカステラを握っており、ポケットから国会議員の今日子(山本未來)の名刺が出てきた。

大岩(内藤剛志)は遺体の肩が赤く腫れていることに気付く。

やがて、村越がみこしの愛好家で、前日も近所の祭りでみこしを担いでいたと分かる。

今日子も同じ祭りに参加していた。

さらに、村越が伝説のみこし担ぎ‘向島の龍’ともめていたとの情報が入る。

以上が、警視庁・捜査一課長 あらすじ 5話の紹介でした。

「警視庁・捜査一課長」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

内藤剛志さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"警視庁・捜査一課長 あらすじ 5話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: