モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 4話

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 4話

ディーン・フジオカさん 主演ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― 」

5月10日(木)は、4話目の放送となります。

物語は、名作「モンテ・クリスト伯」を原作にした、華麗な復讐劇。

最新のあらすじが、公開されました。

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 4話は、下記の内容となります。

真海(ディーン・フジオカ)は神楽(新井浩文)の妻・留美(稲森いずみ)に近づき、若き実業家・安堂(葉山奨之)と引き合わせる。

入間(高橋克典)から真海を警戒するよう忠告された留美だが、誘いを断れず別荘を再び訪ね、共に招かれた安堂と親しくなる。

一方で真海は、神楽と国有地を巡って争うライバル会社に融資を行い、払い下げを有利にするため、幸男(大倉忠義)とすみれ(山本美月)の夫婦をCMに起用するよう持ち掛ける。

以上が、モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 4話の紹介でした。

「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― 」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

ディーン・フジオカさん ファンの方は、お見逃しなく!!

"モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― あらすじ 4話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: