特捜9 あらすじ 6話

特捜9 あらすじ 6話

井ノ原快彦さん 主演 ドラマ 「特捜9」5月16日(水)は、6話目の放送となります。

「9係」から「特捜9」へ! さらなる魅力を加えて“新時代”を築く

最新のあらすじが、公開されました。

特捜9 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

映画プロデューサー・瑠未(遊井亮子)の刺殺体は赤い花をくわえていた。

直樹(井ノ原快彦)らは瑠未に解任された監督の国井(バッファロー吾郎A)に会う。

花は観葉植物「グズマニア」と判明。

青柳(吹越満)は女優・あゆみ(里久鳴祐果)のタブレット端末の待ち受け画面写真がグズマニアだと気付く。

一方、瑠未の前作の撮影中、主演の順一(瀬川亮)が事故で両足が不自由になり、弟の徹(三浦孝太)が代役に選ばれたと分かる。

以上が、特捜9 あらすじ 6話の紹介でした。

「特捜9」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

井ノ原快彦さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"特捜9 あらすじ 6話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: