未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 6話

未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 6話

波瑠さんと鈴木京香さんが初タッグ!

「未解決の女 警視庁文書捜査官」5月24日(木)は、6話目の放送となります。

物語は、最強刑事が未解決事件の捜査に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

高校の同窓会に出席した朋(波瑠)は、当時交際していた圭人(桐山漣)と友莉子(入山法子)がそれぞれ別人と結婚したと知る。

散会後、磯野(柳下大)が朋を呼び止めた。

6年前に同級生の千鶴(板野友美)が殺された事件は未解決だが、磯野は同窓会のSNSグループの中に犯人がいるという。

その後、千鶴の事件を再捜査しようと張り切る朋に、磯野殺害の報が。

そんな中、理沙(鈴木京香)がSNSに隠された暗号に気付く。

以上が、未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 6話の紹介でした。

「未解決の女 警視庁文書捜査官」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

波瑠さんファンの方は、お見逃しなく!!

"未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 6話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: