未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 7話

未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 7話

波瑠さんと鈴木京香さんが初タッグ!

「未解決の女 警視庁文書捜査官」5月31日(木)は、7話目の放送となります。

物語は、最強刑事が未解決事件の捜査に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

殺人の現場に落ちていた2千円札が、15年前、現金輸送車が襲撃され、3億円が強奪された未解決事件で盗まれたものと判明。

殺された藤枝(長谷川朝晴)が事件に関与していた可能性が浮上する。

同じ場所で見つかったカードは、理沙(鈴木京香)が欧米の子どもがスペルを作るのに使う「フラッシュカード」だと指摘。

並べ替えると「RISK」「HELP」となり、朋(波瑠)は誰かが助けを求めていると古賀(沢村一樹)らに訴えるが・・・。

以上が、未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 7話の紹介でした。

「未解決の女 警視庁文書捜査官」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

波瑠さんファンの方は、お見逃しなく!!

"未解決の女 警視庁文書捜査官 あらすじ 7話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: