家政夫のミタゾノ あらすじ 7話

家政夫のミタゾノ あらすじ 7話

松岡昌宏扮する“最恐家政夫”が帰ってくる!

「家政夫のミタゾノ」6月1日(金)は7話目の放送となります。

物語は、痛快のぞき見ヒューマンドラマ!!

最新のあらすじが、公開されました。

家政夫のミタゾノ あらすじ 7話は、下記の内容となります。

三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)が派遣された老舗旅館のオーナーが死去。

遺言書には旅館の所有権・経営権の一切は「メアリー」に譲ると記され、妻・時江と息子・良彦はあぜんとする。

何者か正体も分からず、時江が良彦を後継者にした体制を推し進める中、米国からそのメアリーが来日。時江はメアリーに一度女将を任せ、音を上げたところで追い出そうとする。

一方、三田園はメアリーが仏壇に仕掛けたものに気付く。

以上が、家政夫のミタゾノ あらすじ 7話の紹介でした。

「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"家政夫のミタゾノ あらすじ 7話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: