ヘッドハンター あらすじ 最終回

ヘッドハンター あらすじ 最終回

江口洋介が異端のヘッドハンターに!

ドラマBiz「ヘッドハンター」6月4日(月)は、最終回の放送となります。

物語は、働くこと、生きることを問う本格ビジネスドラマ!!

最新のあらすじが、公開されました。

ヘッドハンター あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

財務省の国有地払い下げ問題が発覚。なぜか関連文書は破棄され、払い下げを認可した議員・藤堂(堀部圭亮)に不正献金の疑いが掛かる。

藤堂は、かつて黒澤(江口洋介)が心酔していた直属の上司だった。

藤堂の依頼により、黒澤は財務省職員・川瀬(山本耕史)を好条件でヘッドハントする。

記録の改ざんを命じられて悩む川瀬を転職させ、口封じしようという魂胆だ。

黒澤の裏切り行為に灰谷(杉本哲太)も響子(小池栄子)も激高する。

以上が、ヘッドハンター あらすじ 最終回の紹介でした。

ドラマBiz「ヘッドハンター」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

江口洋介さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"ヘッドハンター あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: