家政夫のミタゾノ あらすじ 最終回

家政夫のミタゾノ あらすじ 最終回

松岡昌宏扮する“最恐家政夫”が帰ってくる!

「家政夫のミタゾノ」6月8日(金)は最終回の放送となります。

物語は、痛快のぞき見ヒューマンドラマ!!

最新のあらすじが、公開されました。

家政夫のミタゾノ あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

裕福だった麻琴(剛力彩芽)の家庭を破滅に導いたのは三田園(松岡昌宏)だという噂を、倫子(内藤理沙)が聞き込んでくる。

頼子(余貴美子)が麻琴に頼まれ、三田園を麻琴の自宅に派遣した直後だった。

頼子達は麻琴が復讐を考えているのではと慌てる。

ところが実は、家庭を壊した家政婦は三田園ではなく順子という人物で、麻琴は亡母と写る順子の写真を皆に見せる。

そこに突然、麻琴の父が順子を伴って帰宅し、彼女との再婚を宣言する。

以上が、家政夫のミタゾノ あらすじ 最終回の紹介でした。

「家政夫のミタゾノ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"家政夫のミタゾノ あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: