コンフィデンスマンJP あらすじ 最終回

コンフィデンスマンJP あらすじ 最終回

長澤まさみが天才詐欺師に!

「コンフィデンスマンJP」6月11日(月)は、最終回の放送となります。

物語は、古沢良太脚本の痛快エンターテインメントコメディー!!

最新のあらすじが、公開されました。

コンフィデンスマンJP あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

地道に引っ越し業者として汗を流すボクちゃん(東出昌大)は、一緒に働く鉢巻(佐藤隆太)が結婚詐欺に遭ったと知る。

そして、その似顔絵からダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)の仕業だと確信し、鉢巻を伴いダー子の部屋へ。

直後、鉢巻の手下がなだれ込んで来た。

鉢巻の正体は、かつて東京・新宿一帯を根城にしていた中国系マフィアの息子。

父を裏切り、死に追いやった人物を捜し求め、3人にたどり着いたという。

以上が、コンフィデンスマンJP あらすじ 最終回の紹介でした。

「コンフィデンスマンJP」の放送は、フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54 です。

長澤まさみさん ファンの方は、お見逃しなく!!

"コンフィデンスマンJP あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: