遺留捜査 あらすじ 1話

遺留捜査 あらすじ 1話

2018年 夏の連続ドラマ 木曜日のオススメは、上川隆也さん 主演「遺留捜査」です。

物語は、風変わりな刑事・糸村聡の活躍を描く、人気ドラマの第5弾

いよいよ、7月12日(木)放送スタート!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

遺留捜査 あらすじ 1話は、下記の内容となります。

文化庁職員で‘文化財Gメン’の涼子(遊井亮子)が転落死。

涼子は1カ月前、山登り中に現場の崖のほこらで古い仏像を発見。

仏像は有名な仏師の作と認定され、5億円は下らないといわれていた。

涼子は個人として所有権を主張。だが、山を所有する電子部品会社とほこらを管理する寺の住職・大野(平泉成)も所有権を訴えていた。

京都府警の糸村(上川隆也)は現場に出向き、涼子のとは違う種類のカラビナを見つける。

以上が、遺留捜査 あらすじ 1話の紹介でした。

「遺留捜査」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

上川隆也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"遺留捜査 あらすじ 1話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: