限界団地 あらすじ 6話

限界団地 あらすじ 6話

佐野史郎が、連続ドラマ初主演。

オトナの土ドラ「限界団地」

物語は、過去の幻想を追い求め、狂気に駆られた男の情熱と悲哀を描くオリジナルストーリー

7月14日(土)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

限界団地 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

あやめ町団地が老朽化したため取り壊されると聞いた寺内(佐野史郎)は、反対の署名運動を始める。

取り壊し事業の担当者は、江理子(足立梨花)の高校時代の先輩でもある二宮(郭智博)で、寺内は二宮への敵意をむき出しにする。

そんな中、穂乃花(渡邊詩)が、亡き両親に話し掛けるそぶりを見せた後、一言も話さなくなる。

江理子を母親と認識すれば元に戻ると寺内に説得され、江理子は穂乃花の母親役を引き受けることになる。

以上が、限界団地 あらすじ 6話の紹介でした。

「限界団地」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

佐野史郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"限界団地 あらすじ 6話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: