絶対零度 あらすじ 3話

絶対零度 あらすじ 3話

沢村一樹が「絶対零度」シリーズの新たな主人公に。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」7月23日(月)は、3話目の放送となります。

物語は、未然犯罪捜査チームの活躍を描く!!

最新のあらすじが公開されました。

絶対零度 あらすじ 3話

井沢範人(沢村一樹)らは、「ミハン」システムが割り出した新たな危険人物・若槻真帆(柴田杏花)の捜査を始める。

真帆は、エリート大学として知られる私立栄明大学の学生だったが、1年前、大学近くの雑居ビルから飛び降り自殺を図り、現在も意識不明のまま入院中だった。

その間、真帆の通信記録や銀行口座の出入金記録など個人データに動きはなかった。

だが、先週になって真帆のスマートフォンから彼女が所属していたテニスサークルのSNSグループに「復讐してやる」というメッセージが送られたという。

しかも、同じスマートフォンから大量の医療用ニトログリセリンが購入されていた。

井沢は、昏睡状態の真帆にはメッセージを送ることもニトロを買うこともできないことから、真犯人は真帆に成りすまして自殺の復讐をしようとしている可能性に言及し、小田切唯(本田翼)と田村薫(平田満)を入院先の病院へ潜入させる。

そこで小田切は、真帆の父親で、プラスチック製品専門の町工場を経営する周作(遠山俊也)に接触する。

一方、山内徹(横山裕)は、大手企業の御曹司で、テニスサークルの代表を務める湯川司(佐野岳)が学生起業したカフェバーを訪れる。

その店は、サークルメンバーのたまり場で、自殺未遂騒動の後、周作も訪れていた。

真帆がなぜ1年前に自殺未遂したのか。

そこに今回の危険人物を見つける鍵がある・・・

小田切は過去のトラウマから、この事件にのめりこんで行く。

山内やミハンメンバーはそれを心配するのだが・・・。

以上が、絶対零度 あらすじ 3話の紹介でした。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

沢村一樹さんファンの方は、お見逃しなく!!

"絶対零度 あらすじ 3話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: