義母と娘のブルース あらすじ 3話

義母と娘のブルース あらすじ 3話

2018年 夏の連続ドラマ 火曜日のオススメは、綾瀬はるかさん 主演「義母と娘のブルース」です。

物語は、桜沢鈴の4コマ漫画を森下佳子の脚本でドラマ化

7月24日(火)は、3話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

義母と娘のブルース あらすじ 3話は、下記の内容となります。

亜希子(綾瀬はるか)は良一(竹野内豊)の頼みで、みゆき(横溝菜帆)の通う小学校のPTAの集まりに出席する。

そこでは、間近に迫った運動会の役割分担を決めることになるが、亜希子は不合理だと感じる部分について質問攻めを行い、議長席側に座るPTA役員の晴美(奥貫薫)や朋子(春日井静奈)らをいら立たせる。

翌日、自宅で遊ぶ約束をしたクラスの女子に招待状を用意し、喜んで登校したみゆきは、全員に断られてしまい・・・。

以上が、義母と娘のブルース あらすじ 3話の紹介でした。

「義母と娘のブルース」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

綾瀬はるかさん ファンの方は、お見逃しなく!!

"義母と娘のブルース あらすじ 3話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: