dele あらすじ 1話

dele あらすじ 1話

山田孝之と菅田将暉のダブル主演で描く

「dele」いよいよ7月27日(金)は、1話目の放送となります。

物語は、“デジタル遺品”を題材にした1話完結ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

dele あらすじ 1話は、下記の内容となります。

6歳児を連れ去った罪で裁判を受ける‘なんでも屋’の祐太郎(菅田将暉)は、保釈金を払ってくれた弁護士・舞(麻生久美子)から、働いて返済するよう促される。

舞が案内したのは、車椅子生活を送る弟・圭司(山田孝之)のオフィス。

仕事内容は、依頼人の死後、誰にも見られたくないデジタルデータを指定通り秘密裏に削除することだった。

そんな中、依頼人である週刊誌記者の死の可能性を知らせる信号をパソコンが受信。

早速、祐太郎は圭司から、こちらの正体を明かさず死亡確認を取るよう要請されて・・・。

以上が、dele あらすじ 1話の紹介でした。

「dele」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

山田孝之さんと菅田将暉さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"dele あらすじ 1話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: