限界団地 あらすじ 最終回

限界団地 あらすじ 最終回

佐野史郎が、連続ドラマ初主演。

オトナの土ドラ「限界団地」

物語は、過去の幻想を追い求め、狂気に駆られた男の情熱と悲哀を描くオリジナルストーリー

7月28日(土)は、最終回の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

限界団地 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

寺内(佐野史郎)に復讐するため団地に戻ってきた高志(迫田孝也)は、穂乃花(渡邊詩)を拉致する。

だが、寺内は壁をたたき壊して桜井家に侵入し、穂乃花を奪還する。

この一件に江理子(足立梨花)が協力していたことを知った寺内は、彼女に心を入れ替えるようさらに強く迫る。

団地の取り壊しを間近に控え、寺内は住人達を前に改めて団地存続を熱弁する。

感動した住人達が寺内に同調して盛り上がる中、江理子は機械的に拍手を送る。

以上が、限界団地 あらすじ 最終回の紹介でした。

「限界団地」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

佐野史郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"限界団地 あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: