健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 3話

健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 3話

2018年 夏の連続ドラマを紹介します。

今回は火曜日オススメは・・・

吉岡里帆が新人ケースワーカーに!

「健康で文化的な最低限度の生活」

物語は、 笑って泣けるヒューマンドラマ

7月31日(火)は、3話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

えみる(吉岡里帆)は生活保護受給者・聡美(江口のりこ)の息子・欣也(吉村界人)のアルバイト代の件で、徴収の一部免除もあり得ると期待させた手前、京極(田中圭)に何とかならないかと食い下がるが、相手にされない。

全額返済に納得がいかずギターをたたき壊した欣也が、ずっと家に帰っていないと知ったえみるは、京極から譲り受けたギターを手に家を訪ねるが、聡美は「音楽をやっている場合ではない」と言い放つ。

以上が、健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 3話の紹介です。

「健康で文化的な最低限度の生活」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

吉岡里帆さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"健康で文化的な最低限度の生活 あらすじ 3話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: