ハゲタカ あらすじ 4話

ハゲタカ あらすじ 4話

綾野剛が企業買収のダークヒーローに!

「ハゲタカ」8月9日(木)は、4話目の放送となります。

物語は、累計230万部超の人気小説を連続ドラマ化

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハゲタカ あらすじ 4話は、下記の内容となります。

2010年、鷲津(綾野剛)は老舗電機メーカー「あけぼの」の買収の準備を進めていた。

しかし、銀行を退職後、多くの企業を再生させた芝野(渡部篤郎)が同社の再生担当執行役員に迎えられたと知り、買収を保留。

部下のアラン(池内博之)は鷲津の方針に納得できない。

同じ頃、芝野は新興企業「ファインTD」のやり手社長・滝本(高嶋政伸)からの支援を断る。

滝本はあけぼのに対し、株式公開買い付けによる買収を宣告する。

以上が、ハゲタカ あらすじ 4話の紹介でした。

「ハゲタカ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"ハゲタカ あらすじ 4話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: