グッド・ドクター あらすじ 6話

グッド・ドクター あらすじ 6話

2018年 夏の連続ドラマ 木曜日のオススメは、山崎賢人さん 主演「グッド・ドクター」です。

6話目の放送は、8月16日(木)です。

山崎賢人がサヴァン症候群の小児外科医を熱演するヒューマンドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

グッド・ドクター あらすじ 6話は、下記の内容となります。

産婦人科の皐月(堀内敬子)から高山(藤木直人)に、帝王切開の出産時に、気道の詰まる恐れのある胎児の手術をしてほしいとの要請が入る。

しかも妊婦の理香(篠原ゆき子)は周産期心筋症を患い、手術時間が30分を超えると母体が危険だ。

高山の助手を務めることになった夏美(上野樹里)と湊(山崎賢人)に、理香は子どもの命を優先させてくれと頼み込む。

一方、夫の悟(森岡龍)は、理香の命を危険にさらす手術には反対していた。

以上が、グッド・ドクター あらすじ 6話の紹介でした。

「グッド・ドクター」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

山崎賢人さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"グッド・ドクター あらすじ 6話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: